くるみ保育園

所在地:大阪府東大阪市

構造:鉄骨造

規模:3階建 91.47m2

用途:保育所

特徴:狭小敷地・うなぎの寝床・カフェ

概要:
隣接して営んでいる主屋保育園本館横に建てられた、一時保育用の新築棟です。当初から、施主様のイメージであったカフェのような建物をということで、リサーチを開始、計画を進めていました。計画開始から竣工まで3年。狭小敷地+土地有効利用の為の追求による難工事でしたが、施主様、関係者方々のご協力もあり、お喜びの竣工となりました。子どもたち、ママさんたちの集まる公園前にあるので、カフェと間違えて来店される方もおられ、すでにまちのランドマークになっています。

 

子どもが利用する施設の内装木質化を進めています

保育園や幼稚園、住宅、店舗などの、こどもや親子、家族が利用する施設の内装木質化を進める「一園一室木質化運動」に取組んでいます。

また、子どもの頃から木材に接することにより、その良さを体感し、森林の大切2015さや木材に対する理解を深めるために、企業や団体、市町村等とネットワーク化を図り、「木のぬくもりネット」活動を進めていくことになりました。
当山本建築設計事務所は、「木のぬくもりネット」サポーターとしてこの活動を応援し、支持しています。

「木のぬくもりネット」サポーターとは?

「一園一室木質化運動」では、大阪産の木材利用促進の目的で、保育所に内装木質化の補助金を出す制度があります。
そういった似た制度は、当事務所がある兵庫県にも用意されており、「兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度」といったものがあります。
国内林業の衰退を防ぐために各自治体が工夫をし、地産地消の促進の補助金制度を行っています。